上から目線だった、鎌倉の美容室に来る前の美容室の先生

鎌倉の美容室に来る前に私が行っていた美容室の先生は、男勝りのきっぷのいい先生でした。
人間としては悪くはないのでしょうが、どこかひっかかってしまい、気持ち的に落ち込む事もありました。
あるとき、その美容室でパーマをかけてもらっていたら、パーマをかけに来ていた若い男性が「先生、オレ客だぜ!」と、むかっとして言っていました。
私だけでなく、先生の言い方はむかつく事があるんだと思いながら聞いていました。
客商売だからと言って、お客様にへつらったり媚びる必要はないでしょうが、でも、程度というものがあります。
今は鎌倉の美容室に来ているのでその美容室には行く事がないからいいのですが、やはり良い気持ちでカットしてもらったり、パーマをかけてもらいたいのが、客としての偽らざる気持ちです。